三育学院大学の概要

  • 三育学院大学の概要
  • 看護学部の学び
  • キリスト教教育
  • 入試情報
  • 納付金・奨学金情報
  • 寮生活(キャンパスライフ)
  • 学生生活を支える食事
  • キャンパス紹介
  • 社会貢献・地域交流
  • 資料請求・イベント参加申込
  • 良くあるご質問

三育学院大学 看護学部 ホーム > 三育学院大学の概要 > 教育目標

教育目標

  • 1.神の愛を学ぶことにより、自己と他者の価値と尊厳を認める。
  • 2.自己、他者、そして神との対話を通し、自分を見つめ、成長させる。
  • 3.人間関係を円滑に保つコミュニケーション能力を身につける。
  • 4.物事を論理的に考えるクリティカルな思考力と、問題と主体的に取り組む姿勢を持つ。
  • 5.看護専門職者として高い倫理観を備え、適切で安全な看護を実践する基礎的能力を身につける。
  • 6.自己の行動に責任を持ち、他職種と連携して働くことができる。
  • 7.自己研鑚に努め、看護学の発展に寄与する。
  • 8.SDAライフスタイルに基づいた健康的な生活の実践と啓蒙に努める。
  • 9.国際性を養い、人種・文化・信条を超えた看護を実践できるとともに、国際交流や国際協力に貢献できる基本的姿勢を身につける。
  • 10.神に仕えるように人に仕える精神を持ち、喜びと意義ある天職として看護の働きを実践する。

 以上は,本学固有の共同体的教育環境を生かしつつ,キリスト教教育,学科教育,労作教育,生活教育およびその他の教育プログラムをとおしてなされる。

このページの先頭へ