三育学院大学の概要

  • 三育学院大学の概要
  • 看護学部の学び
  • キリスト教教育
  • 入試情報
  • 納付金・奨学金情報
  • 寮生活(キャンパスライフ)
  • 学生生活を支える食事
  • キャンパス紹介
  • 社会貢献・地域交流
  • 資料請求・イベント参加申込
  • 良くあるご質問

三育学院大学 看護学部 ホーム > 三育学院大学の概要 > 沿 革

沿 革

 三育学院は、明治31年(1898年)にセブンスデー・アドベンチスト教会(以下SDA)の宣教師ウィリアム・C・グレンジャーが創立した「芝和英聖書学校」を前身とします。以来、三育学院は一貫して聖書の福音を教育理念の根底に据え、「人間にとって最も大切なものは何か」の探求を教育主眼としてきました。聖書はそれを次のように表現しています。
 「いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。」
コリント人への第一の手紙13章13節(口語訳聖書)
 本学に学ぶものが、聖書の示す愛を土台とし、神と隣人に対して十分な奉仕をするため、人間の備える身体(corpus)と知性(mens)と霊性(spiritus)の全ての面を最大限に発達させ、円満な人間形成を実現すること(To Make People Whole Through Christ’s Love)、これが「三育教育」の目的です。

画像:沿 革
1896年(明治29年)
SDA教団(プロテスタント系キリスト教)の宣教活動開始。ウィリアム・C・グレンジャー宣教師来日。
2年後、東京麻布に「芝和英聖書学校」開校。
1919年(大正 8年)
東京杉並村天沼に「天沼学院」開校。小学、中学、高等部を併設。
1926年(大正15年)
千葉県袖ヶ浦市に男子部移転。名称を「日本三育学院」とする。天沼学院は「日本三育女学院」と改称。
1928年(昭和 3年)
「東京衛生病院看護婦学校」天沼に開校、後「東京衛生病院看護学院」に改称。
1948年(昭和23年)
「財団法人三育学院」に改組し、「日本三育学院神学校」と称する。
1950年(昭和25年)
東京衛生病院看護婦養成所と名称変更。2年後、厚生省の認可を受ける。
1951年(昭和26年)
日本三育学院神学校は「学校法人三育学院」に改組。2年後、「日本三育学院カレッジ」と改称。
1971年(昭和46年)
「三育学院短期大学」英語学科の認可を得る。
1974年(昭和49年)
「東京衛生病院看護婦養成所」をカレッジに移管し、「三育学院カレッジ看護学科」と名称変更。
1976年(昭和51年)
専修学校発足に伴ない、カレッジを「専門学校三育学院カレッジ」と改称。
1978年(昭和53年)
専門学校・短期大学は千葉県袖ケ浦市より夷隅郡大多喜町久我原へ移転。
1987年(昭和62年)
カレッジ看護学科を短期大学看護学科へ改組転換。
2004年(平成16年)
短期大学に専攻科(地域看護学専攻)を設置。
2007年(平成19年)
12月、「三育学院大学 看護学部看護学科」認可。
2008年(平成20年)
「三育学院大学」開学、看護学部看護学科を設置。

このページの先頭へ