大学院

カリキュラムの考え方

本研究科の教育課程は、教育目的・目標を達成するために、
ディプロマ・ポリシーに基づき編成する。

カリキュラム・ポリシー

  1. 看護実践・教育・研究にホリスティック・ナーシングの視点を備えた人材を育成するために、共通科目に「キリスト教人間学」、専門科目に「スピリチュアルケア」を置く。 
  2. 専攻する看護学の専門性や看護教育能力を高める理論・概念・最新の知見等の基礎的及び高度の知識を修得するために、共通科目及び専門科目に講義として「特論」科目を置く。
  3. 多職種との連携協働に関する基礎知識の学修と多元的にその必要性を理解するために「保健医療福祉連携特論」、また「成育看護学特論」「成人看護学特論」「高齢者看護学特論」「地域看護学特論」科目の学修を通して対象に適した連携協働の在り方や可能性を探求する。
  4. 「基盤看護学演習Ⅰ-AとⅠ-B」「実践看護学演習Ⅰ-AとⅠ-B」を置き、「特論」などの講義科目で学修した知識を活用応用レベルまで深化し、課題解決に取り組む能力を育成する。
  5. 研究の基礎的知識「看護研究方法論ⅠとⅡ」、研究論文のクリティーク「基盤看護学演習Ⅱ」「実践看護学演習Ⅱ」、研究の一連のプロセスを踏む「特別研究ⅠとⅡ」の科目を置き、研究能力を育成する。
  6. 修了後のキャリア・デザインに基づき、各自の専門性に沿って引き続き探究し、社会に貢献することを可能にするために、2つの研究分野8つの特論科目群を配置する。

 

教育課程の構造は、<共通科目>、<専門科目>、<研究科目>の3つの区分で編成する。


<共通科目>は、必修科目として「キリスト教人間学」、「保健医療福祉連携特論」、「看護研究方法論Ⅰ(総論)」、「看護研究方法論Ⅱ(量的研究・質的研究)」の4科目を配置する。また選択科目として「看護理論」、「看護管理学」、「実験的行動分析学特論」の3科目、計7科目を配置する。 


<専門科目>は、<普遍実践看護学分野>及び<特定実践看護学分野>の2分野を配置する。

<普遍実践看護学分野>には、「スピリチュアルケア特論」、「看護教育学特論」、「看護技術特論」、「感染看護学特論」の4講義科目として特論科目(専攻領域)を配置する。

<特定実践看護学分野>には、「成育看護学特論」、「成人看護学特論」、「高齢者看護学特論」「地域看護学特論」の講義科目として4特論科目(専攻領域)を配置する。

 「演習科目」については、<普遍実践看護学分野>及び<特定実践看護学分野>の2分野のそれぞれに3つの演習科目を配置する。<普遍実践看護学分野>には「普遍実践看護学演習ⅠA」、「普遍実践看護学演習ⅠB」、「普遍実践看護学演習Ⅱ」、また、<特定実践看護学分野>には、「特定実践看護学演習ⅠA」、「普遍実践看護学演習ⅠB」、「特定実践看護学演習Ⅱ」を配置する。従って、<普遍実践看護学分野>には4つの特論科目と3つの演習科目、計7科目を配置する。<特定実践看護学分野>についても同様な科目数を配置する。


<研究科目>には、「特別研究Ⅰ」「特別研究Ⅱ」を各学年に配置する。

教員一覧
ページトップへ